シックハウス症候群とシックビル症候群

欧米諸国では1970年代のオイルショックを契機に、ビルの省エネのため気密化が進みました。その結果、ビル内の換気が不十分となり、オフィスビルで働く人々の間で、有害化学物質の微量摂取による目やのどの刺激症状や頭痛などが発症し、「シックビル症候群」と名付けられました。

日本では1990年代より新築や改築した住宅でシックビル症候群と同様の症状があらわれ、「シックハウス症候群」と呼ばれるようになり、その後、ビル、住宅などの建物内で起こるシックビル症候群も含めた有害物質に起因する症状全体をシックハウス症候群と呼ぶようになりました。「シックハウス症候群」は、「シックビル症候群」から転じた和製造語ということになります。

シックハウス症候群の症状は、目がチカチカする、鼻水、のどの乾燥、吐き気、頭痛、湿疹など人によってさまざまです。

シックハウス症候群の原因物質

建物の高気密化は、建材などから発生する化学物質による空気汚染を引き起こし、湿度が高くなることで細菌、カビ、ダニが繁殖しやすくなります。そのほか、石油ストーブやガスストーブからも一酸化炭素、二酸化炭素、窒素酸化物などの汚染物質が放出されます。それら様々な空気汚染物質がシックハウス症候群の原因となっています。

シックビル症候群とビル管法

90年代までは欧米と比べると日本では「シックビル症候群」があまり起こりませんでした。その理由は 1970年にビル管法がいち早く制定されたためでした。ビル管法により、ビル内の空気環境基準が定められ、空気環境を適切に管理していたことが、シックビル症候群の防止につながったのです。

ところが90年代後半になると、ビル管法が適用されない一般住宅でも高気密化が進んだため、シックハウス症候群が大きな社会問題となってきました。

一般住宅の空気環境

2003年に施行された改正建築基準法により、住宅の場合、換気回数0.5回/h以上の機械換気設備の設置が義務付けられ、一般住宅の空気環境もある程度確保されるようになりました。しかしながら、ビル管法のような2カ月に1回の空気環境測定が義務付けられているわけではなく、入居後の空気環境の維持は居住者の自由意志に任されているため、必ずしも空気環境が適切に保たれているとは言えない状況です。

特に最近は、カビやダニによる空気汚染でアレルギー症状が出るケースが多くなっています。カビやダニが原因となるシックビル症候群の場合、ハウスクリーニングが有効な対策の一つになります。

ハウスクリーニングと空気環境

室内に堆積するチリやホコリには、ダニ・ダニの死骸・カビの胞子・花粉などが含まれているため、ハウスクリーニングによって、これらのアレルギーの原因物質を減少させることができます。

エアコン清掃も非常に効果的で、エアコン内部で繁殖しているカビを除去することで、室内にカビの胞子をまき散らすことを防止できます。またカーペットのスチームクリーニングは、カーペット内に潜むダニを殺し減少させることができます。

シックハウス症候群の対策に当社のサービスをご利用ください。ハウスクリーニングカーペット清掃エアコン清掃空気環境測定