茨城県の観光

茨城県の北部は日本三大瀑布の一つに挙げられる「袋田の滝」など美しい自然の宝庫です。(日本三大瀑布:華厳の滝、那智の滝、袋田の滝)

県の中央には、季節に応じて美しく変化する「筑波山」があり、その麓には、「筑波大学」をはじめとする国と民間の研究機関が集中する「筑波研究学園都市」が広がっています。

日本で二番目に大きい湖「霞ヶ浦」ではクルーズ巡航とバス釣りを楽しむことができます。

1842年に水戸藩主「徳川斉昭公」により創設された「偕楽園」は、石川県の「兼六園」、岡山県の「後楽園」とともに日本の三大庭園として知られています。梅とハギの名所として花の開花時期には、多くの観光客で賑わいます。

また、笠間焼の里として知られている「笠間市」では、春や秋に行われる陶器市の時期に多くの観光客で賑わいます。

袋田の滝

久慈川の支流滝川に架かる袋田の滝は、高さ120メートル、幅73メートルの大きさを誇ります。華厳の滝、那智の滝とともに日本三大名瀑の一つに数えられています。

偕楽園

日本三大庭園で、天保13年(1842) 水戸藩主徳川斉昭公によって創設されました。約100品種、3,000株の梅が植えられており、「水戸の梅祭り」には多くの観光客が訪れます。梅祭りは2月中旬から3月末、一番の見頃は3月上旬から中旬です。

竜神峡

竜神ダムの上にかけられた竜神大吊橋は長さ375m、歩行者専用の橋としては日本最大級の長さを誇ります。竜神大吊橋からの高さ100メートル、日本一のバンジージャンプが人気です。

牛久大仏

「牛久大仏」は高さ120m世界最大のブロンズ像です。大仏像の中はエレベーターで参観できます。アジアの仏教国からの観光客の人気スポットとなっています。

ひたち海浜公園

面積約200haの広い園内にはレジャースポットや花畑があり、春にはスイセンやチューリップ、ネモフィラ、夏にはバラ、ジニア、ヒマワリ、秋にはコキアやコスモスと四季折々の草花が、訪れる人々の目を楽しませてくれます。特にネモフィラに埋め尽くされた「みはらしの丘」は「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」に選ばれ、世界中から多くの観光客が訪れます。

筑波山

日本百名山の一つで、昔から「西の富士、東の筑波」と称され、朝夕に山肌の色を変えることで「紫峰」とも呼ばれています。男体山と女体山の二つの峰があり昔から信仰の山として親しまれています。ロープウェイ、ケーブルカーを利用して簡単に山頂に登ることができ、子供からお年寄りまで楽しめる山です。関東平野の美しさを展望できます。

茨城県の観光情報のページへのリンク

  • 「茨城の魅力を伝えたい」Facebook(茨城県内の観光スポットやイベント、グルメなど情報を提供。)
  • 霞ケ浦:湖の面積の広さ日本2位
  • アクアワールド茨城県大洗水族館:サメの飼育数日本1位
  • 牛久大仏:青銅製の立像として世界最大(ギネス記録)全高120メートル
  • 袋田の滝:日本三大瀑布の一つ
  • 偕楽園:日本三大庭園の一つ
  • 筑波山:日本百名山の一つ